MENU

籐嶺会トップページへ

採用情報

先輩からのメッセージmessage

  • 先輩からのメッセージA

    生活相談員 兼 短期入所(ショートステイ)担当

    生活相談員 兼 短期入所(ショートステイ)担当

    入社時期:平成17年(中途採用)
    出身校:町田福祉専門学校

    弥生苑ってどんなところ?
    友人の紹介で他施設より転職し、ここ弥生苑に来ました。15年も前のことになります。当初私は介護職員として勤務し、キャリアを積むこと7年前、現在の部署へ異動となり、短期入所・生活相談員として働いています。転職が当たり前とされる今の時代、15年以上同じ職場に居続ける私の働き方は珍しいのかもしれません。ではなぜこんなに長くここ弥生苑に勤め続けたのか。あらためて自分の過去を振り返り考えてみれば、やはり“居心地の良さ”に行きつくと気づかされます。短期入所サービスは在宅にお住いの高齢者の方が、一時的に入所し過ごされる生活空間であり、在宅介護と施設入所のいわば橋渡し的な存在が私の仕事でもあります。もちろん今の仕事に辛いことなんか無い、と言えば嘘になります。多職種連携・協力があればこそなし得る介護保険サービスは、複雑かつ繊細な配慮を要し、時として乗り越えがたい壁に向き合うことがあります。心折れそうになる場面も多々経験しました。そんな時です。共に悩み、助け合い、励まし、共感できる仲間が私を支えてくれ、今の私があります。心の内をさらけ出し、語らい合うことが出来る環境、それは私がかつて経験したことのない風通しの良い職場でもありました。
    それが弥生苑です。
    あなたにとってやりがいは
    在宅にお住いのご高齢者、そのご家族との出会いは新鮮であり、かつ魅力的でもあります。新たな出会いは絆を生み、それが信頼関係にまで至れば、地域住民の方に少しでも貢献出来たのかな、という実感が得られます。提供するサービスの種類も多種多様であり、お客様が本当に必要とされるサービスをコーディネートし改善していくことは、わたしの知的好奇心を刺激することにもなります。
    なによりここ弥生苑で暮らすお客様が私を必要としてくれているということ。夜遅く一階事務所で一人残業している時です。ただ黙々とパソコンを見つめる私に会いに来てくれるあるお客様。要介護状態にある高齢者が、自力で車いすで移動し、エレベーターに乗り目的地までたどり着くには、どれだけの時間や労力を要するか。視線を感じ、やっと気づいた私の眼に飛び込むお客様の笑顔、澄んだ眼、心に響くやさしい声。その時、15年も勤め続けることが出来た理由が鮮明に自覚できます。「ここが私の居場所なんだ」
    居心地良さをいいことに、まだまだここ弥生苑でしぶとく居座るつもりでいます。
    一緒に壁に立ち向かい、乗り越えてくれる新しい仲間を心から歓迎します。
  • 先輩からのメッセージB

    介護職員

    介護職員

    入社時期:平成27年4月(新卒採用)
    出身校:大妻女子大

    入社した理由
    私が弥生苑に入社した理由はアットホームな環境に魅力を感じた事とお客様の笑顔を引き出す支援が出来ると感じたからです。
    フロアの壁には多くの写真や作品が飾られており、私も介護技術だけではなく、お客様の笑顔を増やす介護職員になりたいと思いました。
    入社後の感想
    私が入社した年度は新人が一人のみであり、同期がいないという環境でしたが、年齢が近い先輩が多い事もあり、親身になって相談にも乗って下さる為、寂しいと感じた事は1日もありません♪
    先輩スタッフについて
    OJT制度である為、気軽に質問したり、助言を頂く事が出来るのはとても心強いと思います。
    現場の業務においては、「このお客様が〇〇するにはどうしたらいいか」等“気づき”からカンファレンスで共有して…先輩からの自己発信がとても多い為、現在も勉強の毎日です。
    未来の後輩に一言
    事務所・フロア問わず、全ての職員さんが温かいのが弥生苑です。
    自分 自身も笑顔になる職場だと思います。一緒に働けるのを楽しみにしています。
  • 先輩からのメッセージC

    介護職員

    介護職員

    入社時期:平成30年9月(中途採用)
    職歴:元フィットネスクラブ・インストラクター

    福祉の仕事を選んだ理由
    以前スポーツジムのインストラクターとして働いていました。高齢者介護に対し興味を抱くようになったのは、祖父が認知症を患い、家族みんなで介護に取り組むことになったのがきっかけです。介護に関する自分の無力さを痛感し、ここ弥生苑で修業するつもりで昨年入職しました。
    やりがいとは
    徐々にではありますが、スキルアップしていく自分を実感・体感できます。自分が人から必要とされる存在となり、なにより日々業務の中でお客様が見せて下さる笑顔と「ありがとう」という一言にやりがいを感じています。
    悩んだ事、その解決方法
    無資格・無経験である私が選択した介護という仕事。もちろん素人にとって生易しい世界ではありませんでした。最初は失敗だらけの毎日。右も左もわからず、お客様にも随分ご迷惑をかけたことと思います。でもそんな時、ずっとそばに寄り添い、自信が持てない自分を丁寧に指導してくださった先輩方の存在が、私を踏ん張らせ、支えてくれました。
    ベテラン職員もかつてはみんな新人であり、悩み苦しみながら技術を磨いてきたこと、不安や心配は、最初みんな一緒だったと共感し、励ましてくれました。そんな頼もしい先輩に憧れ、背中を追うように日々を過ごし今の私があります。皆さんが惜しみなく無償で伝え、教えてくれた貴重な知識や技術、そして介護職員としての姿勢。これからはその感謝の意味を込めて、お客様に恩返しができるよう頑張ります。
    これから就職しようとしている方へ一言!
    まずは飛び込んでみてください。不安な気持ちは最初みんな一緒です。
    きっと充実した日々、楽しい時間が待っています。
  • 先輩からのメッセージD

    介護職員

    介護職員

    入社時期:令和元年12月(中途採用)
    出身校:日本福祉教育専門学校

    入社した理由
    施設見学した際に、弥生苑で働きたいと直感的に感じたのを思い出します。
    他施設・他業種より転職した先輩方が、法人理念である“やさしさ、思いやり、ふれあい”の言葉を大切に活躍していている姿を目撃し、「ここで働きたい!」と思ったのが入社のきっかけです。
    やりがいとは
    お客様から「弥生苑であなたに会えたことが一番嬉しい」とおっしゃって頂けた時です。
    それが私のやりがいとなり、この仕事を続ける原動力となっています。
    未来の後輩へ一言!
    世間一般的に大変な仕事だとイメージする方が大半ではないかと思います。でもそれに値する喜び・やりがいを実感できる貴重な職種です。一緒に仕事が出来る日を心待ちにしています。

M
E
N
U

keyboard_arrow_up